現在の位置

「雨水貯留タンク」の設置基準

設置基準

 堺市雨水貯留タンク設置助成金交付要綱に基づく助成金の交付にあたり、助成の対象となる「雨水貯留タンク」は、以下の要件を満たすものとする。

1.1基あたり50リットル以上の貯留容量を有するものであること。

2.屋根に降った雨水を、雨どいから分岐器具により貯留タンクに流入させることができるものであること。

3.貯留した雨水を、必要に応じて排水して、貯留タンクを空にすることができるものであること。

4.市販のものであること。

5.貯留タンクは密閉式で、貯留タンクの雨水の流入口は、雨どいからの分岐のみの構造とする。

(貯留タンクを連結させて設置した場合は、雨どいから雨水が直接流入する貯留タンクのみが助成対象となる。)

(イラスト)雨水貯留タンク