現在の位置

どんな効果があるの?

 近年、全国的に局所的な集中豪雨が増加し、市でも浸水被害が発生しています。
 一方で、都市化に伴い、多くの土地がアスファルトやコンクリートに覆われてしまったため、大雨が降ると雨水が地面に浸透せず、下水道や河川が溢れやすくなっています。
 降った雨を雨水貯留タンクに一時的に貯留することは、雨水の急激な流出を抑え、浸水被害の緩和につながります。
 また、雨水貯留タンクに貯めた雨水は、庭木の散水に活用したり、非常時に生活用水(飲料用を除く)として活用したり、暑い夏には打ち水に活用したりすることができます。

(イラスト)どんな効果があるの?

(イラスト)すいちゃん