現在の位置

助成を受けるための手続き

 雨水貯留タンク設置の助成を受けられる場合は、平成31年2月28日(消印有効)までに、必要書類を提出して下さい。(雨水貯留タンク設置助成金制度は、平成30年度末をもって廃止します。)

対象

以下の要件の全てを満たす方

  • 設置場所が堺市内であること。
  • 自ら所有する建物(屋根と雨どいがあるもの)に雨水貯留タンクを設置すること。(但し、賃貸住宅にお住まいの方など建物の所有者でない場合、建物の所有者の同意があれば設置できます。
  • 過去7年以内にこの助成制度により雨水貯留タンクを設置した建物に雨水貯留タンクを設置する場合は、過去に設置された雨水貯留タンクが適切に維持管理されていること。(設置基数に上限はありません。)
  • 費用の支払い日から6か月以内の申請であること。
  • 助成の対象となる雨水貯留タンクは関連リンクをご覧ください。

関連リンク

「雨水貯留タンク」の設置基準

助成金額

助成の対象となる費用

1.雨水貯留タンクの購入に要した金額 (雨水貯留タンクの本体のほか、雨水貯留タンクの設置に必要な配管、架台、転倒防止チェーンも対象)
2.雨水貯留タンクの設置に要した金額(配送料も含む)

助成金の計算方法

  • 雨水貯留タンクの購入と設置に要した金額の2分の1が助成金額となります。
  • 助成限度額は1基につき30,000円です。
  • 設置等に要する費用は購入に要した金額の10パーセント以内とします。
  • 助成金額に1,000円未満の端数がある場合は、これを切り捨てた額を助成金額とします。

(イラスト)助成金の計算方法

助成を受けるための手続き

1.申請者 設置工事・代金の支払い

雨水貯留タンク等を購入・設置し、代金の支払いをしてください。

2.申請者 提出書類の作成

以下の書類の提出が必要となりますので、作成して頂きます。

1.雨水貯留タンク助成金交付申請書

2.雨水貯留タンクの維持管理に関する誓約書

3.雨水貯留タンクの購入価格と設置に要した費用を証する書類
・領収書等で支払額、支払い年月日、但し書き、発行者、発行日が記載されているもの。
・購入と設置に係る費用のそれぞれが分かるものであること。
・コピーは不可。

4.敷地内での設置箇所が分かる図面

5.設置前及び設置後の写真

3.申請者 申請書の提出

費用の支払い日から6カ月以内に、(1)から(5)の書類を提出して下さい。

提出方法は、持参受付または郵送です。

注)平成31年2月28日(消印有効)までの消印のあるものに限り受け付けます。

持参による提出

 堺市上下水道局本庁舎 2階 下水道事業調整課

郵送による提出

 〒591-8505 堺市北区百舌鳥梅北町1丁39番地2号

 堺市上下水道局 下水道事業調整課 事業係

4.堺市 内容確認

提出書類の確認、現地確認を行った上で、申請者に助成金額等の決定事項が記載された請求書の様式を送付します。

5.申請者 請求書の提出

請求書に必要事項(本人名義の口座情報等)を記載、捺印の上、市に提出してください。

6.堺市 助成金の支払い

ご指定の口座に入金します。

 

2から3については、代行が可能です。