現在の位置

大規模な災害を想定した受援訓練を実施しました(令和元年10月10日)

上下水道局では、上町断層帯地震と台風による複合災害を想定した受援訓練を10月10日に行いました。

堺市において大規模な災害が発生した際には、他都市からの支援隊を受入れ、調査や応急給水、復旧等を行います。本訓練は、発災時に支援隊をスムーズに受入れ、効率よく活動するための課題抽出や受援体制の確認を目的とし、発災直後、3日後、10日後を想定した本部会議訓練や各対策本部での連動訓練を行いました。

 

主な訓練内容は下記の通りです。

・堺市上下水道局非常事態対策特別本部(S-JET)会議訓練

・統括チーム(RAPIT)情報共有会議訓練

・職員安否報告訓練

・管路一次調査訓練

・給水基地設置訓練

・マンホールトイレ設置訓練

・HP(トップページ)の緊急災害用への切り替え訓練 など

 

訓練によって、複合災害時の支援隊到着の遅れに伴う体制変更、給排水設備の被害に伴う市民対応、水道部と下水道部の連携や情報共有などが課題点として明らかになりました。今後、これらの課題に対応するため、体制やマニュアルの見直しなどを行い、さらなる災害対応能力の向上に努めます。

 

S-JET会議訓練

S-JET会議訓練

マンホールトイレ設置訓練

マンホールトイレ設置訓練

給水タンク車充水訓練

給水タンク車充水訓練

お問い合わせ先
堺市上下水道局 経営企画室
〒591-8505 堺市北区百舌鳥梅北町1丁39番地2
電話 072-250-9208 ファックス 072-250-6600
メールのお問い合わせはこちらから