現在の位置

石津水再生センター

石津水再生センター

施設の紹介

 当水再生センターは、市の西部石津川河口の臨海埋め立て地に位置し、石津川左岸の鳳、浜寺地区及び右岸の中央部市街地を処理区域としています。昭和47年に運転 を開始し、昭和58年の増設、平成11年の津久野処理区の統合を経て現在に至っています。
 処理区内には浜寺、湊石津、戎橋の3つのポンプ場を有し、汚水の中継送水および雨水の排除を行っています。

 

石津水再生センターの概要

現有処理能力

76,400立方メートル/日

(1系 36,400立方メートル/日)

(2系 40,000立方メートル/日)

排除方式

分流式[一部合流式]

水処理方式

標準活性汚泥法

汚泥処理方式

大阪南下水汚泥広域処理場へ送泥処分

処理開始日

昭和47年2月1日

 

石津水再生センターパンフレット(PDF:476KB)

所在地

〒592-8332

堺市西区石津西町22

 

地図は次の外部リンクからご覧ください。

石津水再生センターの地図

交通アクセス

南海本線「石津川駅」から約1キロメートル(徒歩約15分)

お問い合わせ先
堺市上下水道局 三宝水再生センター
〒590-0902 堺市堺区松屋大和川通4丁147番地1
電話 072-232-4958 ファックス 072-232-4957
メールのお問い合わせはこちらから

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。