現在の位置

下水汚泥の放射性物質等の測定結果について

 堺市では下水処理場から発生する汚泥の大部分は、大阪府の大阪南下水汚泥広域処理場へ送泥して処理していますが、石津下水処理場では一部コンポスト化しています。また、三宝下水処理場の処理水の一部は、再生水として堺浜地区へ供給しています。下水汚泥(コンポスト)及び下水再生水については供給者として安全を確認するため、放射性物質の測定を行い、いずれも放射性物質による危険性のない結果であったことをお知らせします。

 また、来場者及び周辺住民の方々の更なる安全・安心を確保することを目的に、三宝・石津・泉北下水処理場の空間放射線量率の測定結果をお知らせします。

平成23年3月11日に発生した東日本大震災に伴う福島第一原子力発電所事故の影響や同震災により発生した廃棄物の広域処理による影響を考慮し、再生水等の放射性物質測定及び下水処理場内の空間放射線量率を測定してまいりましたが、これまでの測定値も安定していることから平成25年度をもって放射性物質測定及び空間放射線量率の測定を終了させていただきます。

1.下水汚泥等の測定結果

下水汚泥(コンポスト)

分析項目

分析結果

検出限界

放射性ヨウ素-131

検出せず

1Bq/kg乾

放射性セシウム-134

検出せず

1Bq/kg乾

放射性セシウム-137

検出せず

1Bq/kg乾

放射性セシウム-合計

検出せず

-

検出限界以下の場合は、分析結果に「検出せず」と標記。

下水再生水

分析項目

分析結果

検出限界

放射性ヨウ素-131

検出せず

1Bq/kg

放射性セシウム-134

検出せず

1Bq/kg

放射性セシウム-137

検出せず

1Bq/kg

放射性セシウム-合計

検出せず

-

検出限界以下の場合は、分析結果に「検出せず」と標記。 
(採取年月日) 平成25年12月9日
(分析方法) 「ゲルマニウム半導体検出器によるガンマ線スペクトロメトリー」に準拠

2.下水処理場の空間放射線量率の測定結果

平成25年度 下水処理場の空間放射線量率の測定結果

各下水処理場での空間放射線量率に問題はありません。

平成24年度 下水処理場の空間放射線量率の測定結果

平成23年度 下水処理場の空間放射線量率の測定結果

お問い合わせ先
堺市上下水道局 下水道事業調整課
〒591-8505 堺市北区百舌鳥梅北町1丁39番地2
電話 072-250-5107 ファックス 072-250-5918
メールのお問い合わせはこちらから