現在の位置

工事通知書について

工事前に工事通知書を提出してください

下水道管が埋設されている道路を掘削する際は、各管轄のサービスセンターまで工事通知書を提出してください。工事通知書の形式については、任意の形式で構いません。

なお、工事通知書の受付は、ファックスやメール等では行っておりません。お手数ですが、各管轄のサービスセンター窓口までお越しください。

工事通知提出までの流れ

1.堺市上下水道局三国ヶ丘庁舎1階給排水設備課で施工場所の埋設管調査(下水道管の有   

  無、埋設位置の確認)を行う。

2.工事通知書の必要な内容(工事名・工事場所・工事期間・工事概要)を記入し、添付書類 (位置図、設計図面等)を用意する。

3.各管轄のサービスセンターに工事通知書を提出する。

  (提出時に施工通知書をもとに協議を行います。)

各区における管轄割り当て

北区・東区・美原区

北部下水道サービスセンター  072-250-7490

堺市北区百舌鳥梅北町2-57-1 上下水道局本庁舎南館2階

中区・南区

南部下水道サービスセンター  072-272-3030

堺市中区八田町1丁2-1

堺区・西区

西部下水道サービスセンター  072-250-4081

堺市北区百舌鳥梅北町2-57-1 上下水道局本庁舎南館3階

 

下水道管との離隔確保について

下水道管の維持管理のため、新設する埋設物と下水道管の離隔は、平行の場合50センチメートル以上、交差の場合は30センチメートル以上確保してください。(下図参照)

ただし、下水道管口径が500ミリメートルを超える場合は、管径分の離隔を確保してください。

(例)口径600ミリメートルと交差して埋設する場合 →離隔60センチメートル

また、離隔が確保できない場合は、別途下水道管の近接協議を行い、防護対策を講じて施工を行って頂きます。防護対策がとれない場所は、施工場所や施工方法の変更をお願いする場合があります。

事故防止のため、皆様方のご協力をお願いいたします。

図面

工事通知提出後の連絡先について

工事通知提出後の連絡先は、工事通知を提出して頂いたサービスセンターになります。

お問い合わせ時には、工事通知受付番号が必要となりますのでご準備をお願いします。