現在の位置

堺市内水ハザードマップの見方

災害対策

堺市内水ハザードマップの見方

(1)浸水範囲と浸水深

 はん濫解析により算出された浸水深が5センチメートル以上になる区域を、ランク別に着色しています。
 はん濫解析では、堺市を625平方メートル~2500平方メートルの三角形のメッシュに区切り、これを1つの単位として計算しています。各メッシュ内の平均的な地盤高で地形を表現しているため、浸水深は、メッシュ内の平均的な水深となっています。
 土地の状況や雨の降り方によっては、想定を超える浸水となることがあります。

(イラスト)浸水深目安
浸水深目安

浸水深

浸水の目安

100センチメートル

大人の腰までつかる程度

60センチメートル

大人の太ももまでつかる程度

45センチメートル

大人の膝までつかる程度(床上浸水と床下浸水の境界付近の浸水深)

30センチメートル

大人の膝下までつかる程度

15センチメートル

概ね歩道が冠水し始める程度

5センチメートル

大人の歩行に支障が生じ始める程度

 

(2)過去の浸水被害箇所

 平成7年度から平成25年度までに、市民のみなさまから堺市下水道部に寄せられた情報に基づいて、床上浸水・床下浸水の被害箇所を記載しています。
複数の浸水情報が寄せられた箇所には、浸水被害箇所を示す記号(○)が重なって表示されています。
 浸水シミュレーションでの設定条件(設定降雨や下水道施設の整備状況など)と、過去の降雨時の状況が異なるため、浸水想定区域と過去の浸水被害箇所は必ずしも一致しません。

(3)指定避難所

 堺市が定める風水害の指定避難所を記載していますが、避難のための十分な時間が確保できない場合や、浸水深が既にひざ付近まで達しているような場合などは、屋外へ避難することは危険ですので、自宅の2階などに待避しましょう。
 雨の降り方、浸水状況、気象情報、避難情報などに十分注意して、適切な行動を取りましょう。

参考リンク

堺市防災情報システム

災害に備えて

お問い合わせ先
堺市上下水道局 経営企画室
〒591-8505 堺市北区百舌鳥梅北町1丁39番地2
電話 072-250-9117 ファックス 072-250-6600
メールのお問い合わせはこちらから