現在の位置

耐震性貯水槽で水を確保!

耐震性貯水槽とは、水道管の途中に設置している災害時の飲み水を貯めるための貯水槽のことです。

通常は水道管の一部として水が流れていますが、地震時には、耐震性貯水槽の流出入管に設置されている緊急遮断弁が作動し、貯水槽内に水を確保します。

確保した水は、地下式の耐震性貯水槽の場合、ポンプで汲み上げて、給水タンク車や応急給水栓で給水します。地上式の耐震性貯水槽の場合は、貯水槽の高さを利用して給水するため、ポンプによる汲み上げが不要という利点があります。

災害時に必要と言われる1人1日3リットルの水を3日間、約1万1千人に給水できる100立方メートルの水道水を確保する耐震性貯水槽を4か所設置しています。

耐震性貯水槽の設置場所
番号 施設 所在地 構造 貯水量
1 上下水道局本庁舎 北区百舌鳥梅北町1丁39番地2 地上式 100立方メートル
2 錦西・花と緑の広場 堺区錦之町西2丁27番 地下式 100立方メートル
3 浜寺東小学校 西区浜寺船尾町東1丁101番地 地下式 100立方メートル
4 五箇荘中学校 北区新掘町1丁85番地2 地下式 100立方メートル

耐震性貯水槽の配置図は次のリンクをクリックしてご確認ください。

耐震性貯水槽の配置図(PDF:457.5KB)

「(写真)上下水道局本庁舎の耐震性貯水槽」(地上式)

上下水道局本庁舎の耐震性貯水槽(地上式)

地上式耐震性貯水槽で水の確保のイメージ

「(イラスト)地上式耐震性貯水槽で水の確保のイメージ」

お問い合わせ先
堺市上下水道局 経営企画室
〒591-8505 堺市北区百舌鳥梅北町1丁39番地2
電話 072-250-9117 ファックス 072-250-6600
メールのお問い合わせはこちらから

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。