現在の位置

緊急自動車を増備しました

 上下水道局では、災害や事故が発生した際にいち早く現場に駆け付け、応急対応等を行うための緊急自動車を4車種、計6台配備しています。(下記添付ファイル参照)

 令和2年3月24日、新たに1台の緊急自動車(クレーン搭載型トラック)を下水道管路部西部下水道サービスセンターに配備しました。本車両には発動発電機をいつでも車載でき、移動電源車の役割を果たすことができます。

 地震や台風などにより長時間停電が発生すると、停止したマンホールポンプ(注意:)から下水があふれる恐れがあります。そのようなときに、本車両を現地へ急行させ、マンホールポンプへ直接電力を供給することにより、下水があふれ出るのを防ぎます。

 上下水道局では災害等が発生した際に、5種類の緊急自動車を活用し、市民の皆様の重要なライフラインを守るため、迅速な復旧活動を行います。

 注意:マンホールポンプ…下水道管は、水が自然に流れるように勾配をつけて布設されていますが、距離が長くなるにつれ次第に深くなります。深い場所に下水道管を敷設すると、工事費が高くなるほか、布設後の維持管理も難しくなります。マンホールポンプはそういった場所に設置され、下水を再び浅い位置にくみ上げる役割をしています。

クレーン搭載型トラック

緊急自動車一覧表(PDF:344.1KB)

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

その他災害への備え