現在の位置

令和元年度ステップアップセミナーを開催しました★

令和元年度ステップアップセミナーを開催しました★

2月2日(日曜)、令和元年度「みずからセミナー」修了者を対象に、「ステップアップセミナー」を開催しました!

当日は晴天に恵まれ、多くの方の参加のもと開催することができました。

 

今回のステップアップセミナーはフィールドワーク!

施設見学をメインに堺東、三国ヶ丘周辺を散策し、旧天王貯水池と南向陽調整池を見学しました。

また道中、反正天皇陵古墳の前を通過し、堺の古墳についてもプチ講義を行いました!

 

旧天王貯水池見学の様子

tennnou3

(←外観の様子)

明治43年(1910年)に建設され、堺の水道の黎明期に使用されていた施設で、当時の浅香山浄水場から送られてくる水を一時的に貯めていました。

25mプール約6杯分の容量があり、夜間に水を貯めておき、使用水量の多い日中に水を放流していました。

 

kyuutenn2

(→中の様子)

「凱旋門」風のデザインが採用されており、建築的な価値の高さから国の登録有形文化財に登録されています!文化財についての詳細はコチラをご参照ください。

南向陽調整池見学の様子

minamikouhou1

(←上部での説明の様子)

平成元年に建設された施設で、集中豪雨等に対して、下水管がいっぱいになり雨水が溢れてしまうことの無いよう、雨水を一時的に貯めておき流出を抑制するための施設です。

上部は公園(土居川公園)になっており、旧堺の町並みを表現した近隣の人々にとって親しみやすく語らい憩える場所として整備されています。

(→内部の様子)

縦約200m、横約10m、高さ約8mで15,000㎥(25mプール約40杯分)もの貯留能力があり、周辺地域を浸水から守っています!内部は広大で、まるで地下神殿のようでした!

水位が天井付近まで来た跡があり、参加者の方は「身近にこんな施設があったなんて!」と驚かれると同時に「こんなに大きい施設がいっぱいになる程の大雨が降るなんて!」とびっくりされた様子でした。