現在の位置

クロスコネクションの禁止

クロスコネクションとは

 クロスコネクションとは、給水管と他の水(井戸水・工業用水・設備用水等)とが直接連結されていることをいいます。安全かつ安心して水道水をお使いいただくためには、絶対に避けなければなりません。

クロスコネクションよる水道汚染

 給水管と他の水(井戸水・工業用水・設備用水等)が誤って接合されていると、以下のように水道本管が汚染される可能性があります。

・水道本管の破裂や火災による消火栓使用などで本管の水圧が急激に低下した場合や工事等で断水が発生した場合に、他の水が水道本管に逆流する。

・他の水の圧力が水道本管の圧力より高くなった場合、他の水が水道本管に逆流する。

クロスコネクションの防止策

 近年、多目的な水が使用されることに伴い、用途の異なる管が給水管と直接連結され、外見上判別できない状態が多いと予想されます。したがって、クロスコネクションの防止策として管の外面にその用途が識別できるように表示をする必要があります。

給水管と接続されやすい配管例としては次のとおりです。

1 井戸水・工業用水・再生利用水の配管

2 貯水槽以下の配管

3 プール・浴場等の循環用の配管

4 水道水以外の給湯配管

5 ポンプの呼び水配管

6 雨水管

7 冷凍機の冷却水配管

8 その他排水管等

クロスコネクションになっている場合

 クロスコネクションになっていることが判明した場合は、水道法第16条、堺市水道事業給水条例に基づき、給水を停止することになります。
 また、クロスコネクションを解消するには、堺市指定給水装置工事事業者に工事を依頼してください。この工事に要する費用はお客様の負担になります。

お問い合わせ先
堺市上下水道局 給排水設備課
〒591-8505 堺市北区百舌鳥梅北町1丁39番地2
電話 072-250-4697 ファックス 072-250-9164
メールのお問い合わせはこちらから